Howzit! Top

影山ヒロノブ2003/02/03 09:45

Hironobu "Michell" KAGEYAMA

LAZYのフロントマン、スポークスマンとして、なくてはならない存在のヴォーカリスト。曲づくりでも力を発揮している。

<LAZY解散~再結成>
影山ヒロノブとしてソロ活動に入る。のちに「ドラゴンボールZ」の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のヒットを飛ばすなど、アニソンシンガーとしての地位を確立していた。

<LAZY再結成後>
ソロのアニソンシンガーとしてはもちろん、JAM Project の結成、TRY FORCE のメンバーとしての活動、野川さくらのプロデュースなど、LAZYと並行して多方面で活躍している。NHKの子ども番組への出演も多い。

高崎晃2003/02/03 09:40

Akira "Suzy" TAKASAKI

天才的なテクニックとセンスを持つ個性派ギタリスト。コンポーザー、ヴォーカリストとしても魅力的。ドラムやベースなど、全パートをこなす。

<LAZY解散~再結成>
LAZY解散直後から樋口宗孝とともにLOUDNESS(ラウドネス)を結成。ビルボード誌にもアルバムをランクインさせるなど世界をまたにかけて活動していた。その後LOUDNESSはメンバーチェンジを繰り返し、かなり音楽性も変化しつつ独自のサウンドを生み出していた。

<LAZY再結成後>
2001年、LOUDNESSは結成20周年を機に、オリジナルメンバーに戻り、現在もLAZYと並行して精力的に活動を続けている。

ヘンプ・レコード設立、ソロアルバムの制作、一人で全パートを担当するソロ・ユニット「JI-ZO」の活動などもおこなっている。

樋口宗孝2003/02/03 09:35

Munetaka "Davy" HIGUCHI

最年長(デビュー当時18歳、他のメンバーより2学年上)で、LAZYのリーダー。ワンバスのスタイルにこだわり、とてつもないパワーと躍動的なグルーブで、LAZYのサウンドを支える。

<LAZY解散~再結成>
高崎晃とともにLOUDNESSで世界をまたにかけたあと、脱退。SLY(スライ)というバンドで活動していた。

<LAZY再結成後>
SLY活動休止のあと、LAZYと並行してRose of Rose 結成、解散、BLOOD CIRCUS 結成。2001年には、オリジナルメンバーに戻ったLOUDNESSに再加入し、現在も精力的に活動している。

ミューロック設立、コージー・パウエルやレインボーのトリビュートアルバム制作、キャットミュージックカレッジ専門学校のエグゼクティブ・カレッジプロデューサー就任などで、後世の育成にも力を入れている。

田中宏幸2003/02/03 09:30

Hiroyuki "Funny" TANAKA

ハードなベースからチョッパー(スラップ)までこなし、独特なベースラインのセンスを持つ心優しいベーシスト。メンバー内で唯一、LAZY以外の音楽活動がなく、ある意味LAZYのキーパーソンである。

<LAZY解散~再結成>
当初はLOUDNESSに参加する予定だったが結局参加せず、井上俊次とともにNEVERLAND(ネバーランド)を結成。その後、HUMAN NATURE などを経たあとは、音楽活動を休止していた。

<LAZY再結成後>
復活第一弾シングル「ULTRA HIGH」のレコーディングには間に合わなかったが、その直後から他のメンバーに一歩遅れて復活。彼の復帰で、LAZYは「完全体LAZY」となった。

井上俊次2003/02/03 09:25

Shunji "Pocky" INOUE

LAZY復活を企画、実行したメンバー。キーボードプレイヤーとしてだけでなく、LAZYのアルバム制作・発売など裏方業にも力をそそいでいる。アニメなどの音楽プロデュースも数多くおこなっており、音楽性は幅広い。

<LAZY解散~再結成>
BIG BANG(ビッグ・バン)というバンドに加入するが、シングル1枚を出したあと脱退。田中宏幸とともにNEVERLAND、HUMAN NATUREを経て、音楽プロデューサーとして活動していた。

<LAZY再結成後>
新会社ランティスを設立し、アニメ番組などの音楽プロデュースでも実力を発揮、多忙な日々を送っている。