Howzit! Top

2012/12/02 Zepp Tokyo セットリスト2012/12/10 23:40

樋口宗孝追悼ライブ vol.4 EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI 2012 5th MEMORIAL supported by CancerNet Japan


1. 遙かなるマザーランド
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

2. EARTH ARK(宇宙船地球号)
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

3. 感じてナイト
 …シングル「感じてナイト」(1980)

~MC~

4. Burn(紫の炎)
 …Deep Purple(1974)

5. DREAMER
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

~MC~

6. LONELY STAR(Vo&Bs:Funny, Dr:Davy)
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

~Michell アコギ・ソロ~
7. 僕らの国でも
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

8. Young & Innocent
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

~Michell アコギ・ソロ ここまで~


サポート(01~05):山内康雄(Dr), syo-go(Bs)
2012/12/02 Zepp Tokyo

関連リンク
http://www.tkma.co.jp/j_pop/loudness/news_detail/id=2564
http://youtu.be/9piVczGGm00
http://www.barks.jp/news/?id=1000082005
http://www.cancernet.jp/6343
http://terachin.seesaa.net/article/304644594.html
http://ameblo.jp/shara-official/day-20121203.html

(2012/12/16:関連リンクを追記)
(2012/12/17:関連リンクを追加)
(2012/12/18:サポートメンバーを追記)

2010/11/14 C.C.LEMON HALL セットリスト2010/11/14 22:59

樋口宗孝追悼ライブ EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI 2010


01.EARTH ARK
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

02.DREAMER
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

03.ALL THE YOUNG DUDES
 …アルバム「Happy Time」(1998)

04.感じてKnight
 …シングル(2009)(歌詞は"感じてナイト")

サポートメンバー:Shuji(Dr), Jino(Bs)

2010/11/14 C.C.LEMON HALL


関連情報
http://natalie.mu/music/news/36401

(2012/12/16更新)

2008/06/30 旧ABCホール セットリスト2008/07/01 22:20

さよなら! ABCホール
~LAZY一夜限りの復活祭~


01.Earth Ark(宇宙船地球号) アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)

02.Ultra High シングル「ULTRA HIGH」(1998)

03.Why アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)

04.PRAY アルバム「Happy Time」(1998)

05.Young & Innocent アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)


~Michell アコギ・ソロ~
06.悲しみをぶっとばせ シングル「悲しみをぶっとばせ」(1980)

07.今夜 LOVERS LANEで… アルバム「Happy Time」(1998)

~Michell アコギ・ソロ ここまで~

08.THE SUN GOES DOWN アルバム「NENRIKI」高崎晃(2006)
(Vocal:Akira "Suzy" TAKASAKI)

09.遙かなるマザーランド アルバム「宇宙船地球号」(1980)

10.プレリュード アルバム「Rock Diamond」(1979)
(Vocal:Shunji "Pocky" INOUE) (少しだけ)

11.MY REST POSE アルバム「Happy Time」(1998)

12.Driving High アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)
~Highway Star
~Driving High


~セッション with 奥田民生&斉藤和義~
13.DREAMER アルバム「宇宙船地球号」(1980)

14.Burn(紫の炎) Deep Purple(1974)

15.ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション シングル「ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション」(1979)

16.感じてナイト シングル「感じてナイト」(1980)


~アンコール~
17.LONELY STAR アルバム「宇宙船地球号」(1980)
(Vocal:Hiroyuki "Funny" TANAKA)


~アンコール~
18.Hey! I Love You! シングル「Hey! I Love You!」(1977)

2008/06/30 旧ABCホール

関連ページ
http://www.airblanca.com/paseo/diary/archives/440.html
http://www.songs.jp/live/event/785.php
http://www.songs.jp/live-archives/event/850.php
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200805/16/ente210900.html
http://www.cdjournal.com/main/news/-/19150

(2012/12/10更新)

2004/05/15 「つま恋」ミュージックガーデン セットリスト2004/05/18 00:27

第3回 Bobby Sockser Club ファンの集い

SE~遙かなるマザーランド

01.Driving High
 ~Highway Star
 ~Driving High
 …アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)

02.Why
 …アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)

  ~MC~

03.Young & Innocent
 …アルバム「宇宙船地球号Ⅱ」(2002)

04.PRAY
 …アルバム「Happy Time」(1998)

  ~MC~

05.Good-by My Baby (Vocal:Hiroyuki "Funny" TANAKA)
 …アルバム「Rock Diamond」(1979)

  ~Happy BirthdayPocky!~

06.Hey! I Love You!
 …シングル「Hey! I Love You!」(1977)

07.ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション 
 …シングル「ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション」(1979)

  ~MC~

08.Angelique ~永遠の約束~
 …アルバム「Happy Time」(1998)

09.感じてナイト
 …シングル「感じてナイト」(1980)

10.LONELY STAR
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

  ~アンコール~

11.DREAMER
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)


2004/05/15 「つま恋」ミュージックガーデン にて
http://www.tsumagoi.net/play/music/


(2012/12/26 加筆~再掲載)

LAZYの歴史2003/02/03 10:00

LAZY(レイジー)は、ヴォーカル影山ヒロノブ(かつて、アイドルバンドだったころの愛称は Michell)、キーボード井上俊次(Pocky)、ベース田中宏幸(Funny)、ギター高崎晃(Suzy)、ドラム樋口宗孝(Davy)の5人編成のロックバンドである。

デビュー前のLAZYは、地元の大阪では名の知られたアマチュア・ハードロックバンドだったという。

メンバーが高校生のとき、テレビ番組でディープ・パープルの「Burn」を演奏したのをきっかけに上京、1977年にデビュー。しかし、当時の音楽界の状況から、事務所の判断でアイドルバンドとしてのスタートとなる。

デビュー曲は「Hey! I Love You!」。翌年の「赤頭巾ちゃん御用心」が大ヒット。踊りながら演奏し、衣装もアイドルしていた。

テレビの歌番組でファンになったわたしは、そこで歌謡曲ではなくホンモノのロックの洗礼を受けることになる。とにかく演奏力がめちゃくちゃ高かったのだ。ライブやラジオの歌番組の公開録音などで演奏するハードロックに、次第に強くひかれていった。

1980年、アルバム「宇宙船地球号」の発売と同時にヘヴィ・メタル宣言。「DREAMER」「EARTH ARK」などが収められたこのアルバムは、アイドル時代からのファンのみならず、ロックファンからも注目され、その後20年以上も聴き継がれる名盤となる。

やっと本来メンバーが望んでいたハードロックバンドとしての活動が始まったのだ!

しかし、翌1981年、メンバーの音楽的志向性の違いを理由に、LAZYは解散……。思春期だったわたしたちファンにとって、これほどショッキングな悪夢はなかった。

その後、影山ヒロノブはソロ、高崎晃・樋口宗孝はLOUDNESS、井上俊次・田中宏幸はNEVERLANDというバンドに落ち着き、それぞれの音楽活動に入っていった……。

活動が3年半という短い期間にもかかわらず、これほどわたしがのめりこみ、解散後もずっと好きだったバンドは、ほかにはない。

そして、17年が経った。

1998年、LAZYが「ウルトラマンダイナ」のエンディングテーマ「ULTRA HIGH」で突然の再結成! 信じられない、夢のようなできごとだった。

田中宏幸の復帰が遅れたため、「ULTRA HIGH」のベースは高崎晃が担当したが、レコーディング直後に出演したフジテレビ「Hey! Hey! Hey!」の収録から田中宏幸も参加。
「完全体LAZY」だ!

同じ年にアルバム「Happy Time」も発表し、全国4箇所でのツアーも大成功。

それぞれLAZY以外の個々の活動も充実させながら、それらと相互作用しあうかのように、LAZYの活動もゆっくりしたペースではあるが、着実に進んだ。

そして2002年、発表したアルバムのタイトルは、なんと「宇宙船地球号II」!

1980年の「宇宙船地球号」に収録されていた「EARTH ARK」をよりヘヴィーにリアレンジするなど、22年前の「宇宙船地球号」を彷彿とさせつつ、まったく進化した骨太の大人のロックを聴かせてくれた。

大阪・東京でライヴやイベントもおこなわれ、音楽雑誌にも広く取り上げられている。

今後も、まだまだLAZYの伝説は続く…!!

(by KILA)

2002年の主な活動2003/02/03 09:55

★2002 LAZY BOBBY SOCKSER CLUB TOUR IN ITO(2002/01/13・14)

★影山ヒロノブ「BURRN!」誌の取材(2002/10/11)

★アルバム「宇宙船地球号II」発売!(LACA-5132 発売元:ランティス,販売元:キングレコード)(2002/11/06)

★MichellとPocky,ウェブサイト「FUZZ」の取材/Michell,「日刊ゲンダイ」の取材(2002/11/06)

★MichellとPocky,MBSラジオ「俺達やってます。」に出演(2002/11/09)

★石丸電気ソフトワンイベントホールで「宇宙船地球号II」発売記念イベント(2002/11/10)

★TOWER RECORD渋谷店で「宇宙船地球号II」発売記念イベント(ミニライブ)(2002/11/14)

★なんばHatchで「LAZY LIVE 2002 宇宙船地球号II ~regenerate of a lasting worth~」(2002/11/23)

★HMV阿倍野で「宇宙船地球号II」発売記念イベント(2002/11/24)

★TSUTAYA三宮店で「宇宙船地球号II」発売記念イベント(2002/11/24)

★日本青年館で「LAZY LIVE 2002 宇宙船地球号II ~regenerate of a lasting worth~」(2002/11/29)

★新星堂の「宇宙船地球号II」発売記念イベント(2002/12/01)

★ 山野楽器銀座本店で「宇宙船地球号II」発売記念イベント(2002/12/15)

2002/11/29 日本青年館・セットリスト2003/02/03 09:50

~オープニングSE~
01. Earth Ark(宇宙船地球号)
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

02. After the Thrill is Gone
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

~MC~
03. Rock on Me
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

04. Respect
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

~MC~
05. Why
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

06. PRAY
 …アルバム「Happy Time」(1998)

07. Make me Wonder(Vocal:Akira "Suzy" TAKASAKI)
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

~MC~
08. Angelique~永遠の約束~
 …シングル「Angelique~永遠の約束~」(2001)

09. Midnight Cruising
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

~MC~
10. 今夜LOVERS LANEで…(Hironobu "Michell" KAGEYAMA Solo)
 …アルバム「Happy Time」(1998)

11. LONELY STAR(Vocal:Hiroyuki "Funny" TANAKA)
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

12. 感じてナイト
 …シングル「感じてナイト」(1980)

13. EVERYBODY WANTS LOVE
 …シングル「ULTRA HIGH」c/w(1998)

14. Driving High
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)
~Highway Star
 …アルバム「MACHINE HEAD」(DEEP PURPLE)
~Driving High

~アンコール1~
15. Young & Innocent
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

16. DREAMER
 …アルバム「宇宙船地球号」(1980)

~アンコール2~
~オープニングSE~
17. Earth Ark(宇宙船地球号)
 …アルバム「宇宙船地球号II」(2002)

~MC(メンバー紹介)~
18. ULTRA HIGH
 …シングル「ULTRA HIGH」(1998)

~エンディングSE 遥かなるマザーランド~

影山ヒロノブ2003/02/03 09:45

Hironobu "Michell" KAGEYAMA

LAZYのフロントマン、スポークスマンとして、なくてはならない存在のヴォーカリスト。曲づくりでも力を発揮している。

<LAZY解散~再結成>
影山ヒロノブとしてソロ活動に入る。のちに「ドラゴンボールZ」の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のヒットを飛ばすなど、アニソンシンガーとしての地位を確立していた。

<LAZY再結成後>
ソロのアニソンシンガーとしてはもちろん、JAM Project の結成、TRY FORCE のメンバーとしての活動、野川さくらのプロデュースなど、LAZYと並行して多方面で活躍している。NHKの子ども番組への出演も多い。

高崎晃2003/02/03 09:40

Akira "Suzy" TAKASAKI

天才的なテクニックとセンスを持つ個性派ギタリスト。コンポーザー、ヴォーカリストとしても魅力的。ドラムやベースなど、全パートをこなす。

<LAZY解散~再結成>
LAZY解散直後から樋口宗孝とともにLOUDNESS(ラウドネス)を結成。ビルボード誌にもアルバムをランクインさせるなど世界をまたにかけて活動していた。その後LOUDNESSはメンバーチェンジを繰り返し、かなり音楽性も変化しつつ独自のサウンドを生み出していた。

<LAZY再結成後>
2001年、LOUDNESSは結成20周年を機に、オリジナルメンバーに戻り、現在もLAZYと並行して精力的に活動を続けている。

ヘンプ・レコード設立、ソロアルバムの制作、一人で全パートを担当するソロ・ユニット「JI-ZO」の活動などもおこなっている。

樋口宗孝2003/02/03 09:35

Munetaka "Davy" HIGUCHI

最年長(デビュー当時18歳、他のメンバーより2学年上)で、LAZYのリーダー。ワンバスのスタイルにこだわり、とてつもないパワーと躍動的なグルーブで、LAZYのサウンドを支える。

<LAZY解散~再結成>
高崎晃とともにLOUDNESSで世界をまたにかけたあと、脱退。SLY(スライ)というバンドで活動していた。

<LAZY再結成後>
SLY活動休止のあと、LAZYと並行してRose of Rose 結成、解散、BLOOD CIRCUS 結成。2001年には、オリジナルメンバーに戻ったLOUDNESSに再加入し、現在も精力的に活動している。

ミューロック設立、コージー・パウエルやレインボーのトリビュートアルバム制作、キャットミュージックカレッジ専門学校のエグゼクティブ・カレッジプロデューサー就任などで、後世の育成にも力を入れている。